Go for it!

はてブロドメインで仮運用中。

鈴鹿8耐のオンボード

YouTubeにGMT94 Yamaha Official EWC Teamのオンボードカメラが公開されています。

おそらくアゴ部分にカメラを取り付けているのではと思いますが、 ライダー目線の映像が撮れておりとても興味深いです。

深いバンク角のまま加速に入る前方のライダーと車両、 各車のエンジン音(甲高い音がクラシックな4気筒で、ブオーと低い音がクロスプレーンのYZF-R1)、 身体を左右に振りながらものすごい早さで切り返すライダーなど、 とても臨場感があります。おすすめ。

ようやく1,000キロ点検

DUCATI埼玉南さんにMultistradaの1,000キロ点検に行って来ました。前日の天気予報は雨でうんざりしていたのですが、家を出る頃には路面も乾いており、しかし軽く小雨に降られつつ到着。

先月下旬に行いたかったのですがなかなか予約が取れず、ようやく本日点検となりました。走行距離はとうに1,500キロを超えています(笑)

f:id:key3:20170812121828j:image

 

続きを読む

エーモンのキットでMultistradaのパンク修理

先日ネジを踏んでパンクしたMultistradaのパンク修理を行いました。夜にガレージで作業していたので写真画質がとても悪いのですが備忘録として書きます。

用意したのはエーモンのパンク修理キット。ガレージにコンプレッサーが備えてあるのでCO2ボンベなどはありません。パッケージは写真のように、ハンドル、キリ状の部品、ボンド、プラグが含まれます。

続きを読む

Multistradaをフルパワー化する方法

日本向けに販売されている2014年モデルまでのMultistrada 1200は、 欧州向けの車両と比べて大きく馬力を削られた状態で導入されています(2015年のDVTモデル以降はフルパワー)。

Ducati Multistrada 1200 S Pikes Peak

日本仕様の102馬力 に対して 欧州仕様は150馬力 となっており、 その差はなんと48馬力。400ccクラスのバイクほぼ1台分です。 150馬力を使いきれるかは別として、本来の仕様を楽しめないのは残念でなりません。

続きを読む

Multistradaパンク

コーティングから引き取ってきたMultistradaを走らせていた帰り道、なんとなくおかしな挙動が。

やたらステアリングが切れ込むし、その割にはスロットルを開けるとフロントタイヤを押し出すし、 サスペンション設定を固めてもタイヤだけがグニャグニャと動いていてちゃんと仕事をしていない。

続きを読む

Multistradaをバイクコーティングから引き上げ

週末にコーティングに出しておいたMultistradaを引き上げてきた。

施工業者はラディアス上尾で、 主に四輪車のコーティング施工を行っているそうですが、 外装の塗り込みの他にホイールやエンジンなど手が入りにくい箇所をガン吹きでコーティングする 「バイクコーティング」メニューがあるのが特徴です。

続きを読む