Go for it!

はてブロドメインで仮運用中。

JCRC第11戦、西湖

JCRC第11戦、西湖ステージに行ってきました。 前回の四日市に引き続き、ツール・ド・ジャポンとの共催です。


大きな地図で見る

[ad#text_only_square]

前日の夕方に出発。maru_ccをピックアップして一路西湖へ。22時前に着いた。群馬、修善寺に比べるとかなり近い。

車でぐるっと西湖を一周し、勝負所と危険箇所をいくつかピックアップ。

  • 急カーブが危ないポイント
  • 最後の90度左カーブを抜けた登りが勝負ポイントその1
  • 集団ゴールになればゴール手前の坂を登り切ったところが勝負ポイントその2

と判断。

で…。西湖は前日受け付けというのをこのあとに知り、23時過ぎにむりくり受付をしてもらう。日刊スポーツのひとごめんなさい&ありがとう。

コンビニで買い物をしちているときにtwitterを見ていると、どうやら@ytun777さんが近所に居るようだ(笑)。道の駅なるさわで待ってますーとポストし、実際にお会いすることができた。決勝はmaru_ccと同じクラスで走るとのこと。

道の駅でKIRIN Freeをいただき、歯磨きして就寝。おやすみなさい。 ※夜中に寒くて目が覚めました。がくがく。

前日受け付けなので寝坊してもいいのだが、けっきょく6時に起床。富士山が超きれいでした。

[flickr]photo:4086816719[/flickr]

会場に向かってあちこちプラプラして挨拶回り。知ってる人が少ないような気がするな〜、朝だから?

キッズ、W, G, Oなどのスタートを見届ける。Wクラスには、肋骨が折れているにもかかわらず、ラバネロのちかぽんが出場している。やる気が無いのでチームジャージは無しとのこと。

[flickr]photo:4086818319[/flickr]

結果はちかぽん、2位入賞。おめでとう!

ジャージ持ってないから貸してくれだって?ということで貸しました。代わりにびしょびしょのアソスを借りた(笑)。面白いので超オッケーです。肋骨折れてても2位に入るだなんてちかぽん最高。

[flickr]photo:4087580728[/flickr]

Eクラスのレースが近づいてきて、アップ+試走の時間になったのでお出かけ。富岳風穴の辺りまで往復し、西湖を一周試走。車で走るのとはやはり違う。平坦基調でカーブも多く、北側斜面側の路面はところどころ濡れている。身体が温まってきたところで終了。

Eクラスはmaru_cc, ytun777さん、myataraさんとtwitterロードレースクラスタな皆様が出走。平坦基調なので展開は単調、maru_ccは2周目に入るところで良いポジションに居たんだけど、けっきょく集団でゴール。

[flickr]photo:4086826075[/flickr]

さて次は自分のレース。レース開始20分前からアップに出かけた(遅い!)。C2クラスは10km x 3ラップの30km。他のクラスと同様、集団ゴールになるだろうと読み、maru_cc, ytun777さんの「最後の左90度あたりで位置決めないとダメっすよ!」とアドバイスを信じて仕掛けのポイントを設定。

今回はCクラスに昇格したばかり、スプリンターとは思えない自分のスキルを考えれば、集団ゴールできれば上出来と考えている…。

レーススタート。

C2クラスはラバネロは私含めて4人参加。集団前方には池田くんと私、後方に山本くんと時田さん。池田くんが積極的に集団を引くので私も参加。ラバネロ+数名でぐるぐるローテ。ペースは速めだけど出力的には余裕。

対岸で集団に動きが。山本くんが集団後方からアタック!池田くんも追走、私も追走、3人でローテして逃げ体制。しかし、脚が続かず、逃げは形成出来ず、集団に吸収されて振り出しに戻る。2周目に入ってからも少し休んでは山本くんが飛び出すというパターンを何度か繰り返す。ガッツあるな〜。

2周目最後の左90度コーナー手前で2名が飛び出す。JCRC賞だ!と思って追走し、スプリントで頭を取ったが、周を勘違いしていました。無駄足です、アホすぎる(涙)。

正しくは以下でした。

JCRC賞 各クラスJCRC賞地点(S/Gから約1.8km手前)で最終周回に1回あります。(K除く) JCRCソックス、1位3足、2位2足、3位1足

ソックス要らない(小さくて入らん)んだから脚使わなければよかった。

3周目もずーっと集団。ただ、ペースは徐々に上がり、ところどころでアタックが入りつつ、牽制が入りつつといった状態。バルバ, milanoあたりがチームで上位に上がってきたのでマーク。どちらもスプリントに強そうな人が混じってる。

集団に潜って脚を溜め、左90度カーブで仕掛けを開始。外から大きく周ってスピードをのせて10位くらいに位置をつける。coors lightのジャージを着た脚の太い人が速そうなのでマーク。前に居たなるしまジャージとの間に挟んで脚を使わせないように封印。

左右にくねくねと曲がっているところはコースを目一杯使って位置取りを考える。どうせ、集団ゴールになってしまえば、一列棒状か横に目一杯広がるかのどちらか。

コース中央からやや右側で、左右どちらにも動ける位置を見つけてスプリントに備える。最後の登りでグッとペースが上がるが、フォームを意識しつつシッティングで踏んで前走者の真後ろに着ける。ゴール直前のペースなら、これをきちんとやるだけで100W近く節約できる。

T字路を超えた辺りでダンシング開始!前方にはmilano, ラバネロ、バルバなど数名。自分は6番手。脳みそが酸欠になって何も考えられず、とにかく踏む、踏む。残り100mくらいで右から青い影が見えると、なんとラバネロの池田くん。抜かれれば7位で入賞を逃す。思わず「うお〜!」と叫んでしまった。池田くんも「うお〜!」って叫んでた。

メイドさん学科に並びかけ、抜けずにフィニッシュライン。池田くんには0.2秒差で指し切られて沈。

レース後、お汁粉を食べつつ、くそ〜、入賞できなかったよ、惜しいな〜、悔しいな〜とブツブツ文句を言いながらラバネロなメンツと談笑。内心はかなりしょげてました。

普通に考えれば…前々週にCクラスに昇級、平坦基調のコースではスプリンター系の人が有利(私はどっちかと言えば登りの方が得意)といった環境の中、集団ゴールできれば上出来のはず。でもやはり、レースに出れば上位に行きたい、勝ちたい。欲張りなんだろうか?そんなことないよね。

だから、7着はとても残念な結果だった。結果にガッカリ、自分の弱さにガッカリ、あとたったの0.034秒前に居られれば入賞だったのに、本当に悔しい。地獄な気分。

リザルトが張り出されたので見に行った。 やはり7位…。あれ?左に何か書いてある。

[flickr]photo:4086254414[/flickr]

現役競輪選手の萩原さんがオープン参加で着順無し…。ということは、繰り上がりで6位入賞、やった!いきなり天国な気分。連続で表彰台に上がれるなんて幸せだ〜。

脚が細いよ〜。 [flickr]photo:4085495943[/flickr]

表彰台を半分ラバネロで埋め尽くしてみました、の図。 [flickr]photo:4085496295[/flickr]

他クラスの表彰式も同時に。結果が上がったり、下がったり、好調不調の並が激しいmaru_ccも、ツール・ド・ジャポンの年間ランキングはばっちり上位! チームメイトがあちこちで上位に居ると嬉しいな〜。 [flickr]photo:4085495299[/flickr]

番外編。

富士山は帰りもきれいでした〜。紅葉しているし!

[flickr]photo:4086826829[/flickr]

帰りは渋滞にはまるのがイヤだったので下道でタラタラと。途中でモツ煮+うどん食べました。美味しかった。

[flickr]photo:4086827497[/flickr]

いつも一緒に行ってくれるmaru_cc, 現地であったラバネロやJCRCなみんな、twitterつながりのytun777さん、myataraさん、お疲れ様でした&声援ありがとうございました。

[ad#text_wide]